みんなの置き換えダイエット

みんなの置き換えダイエット

置き換えダイエット!割るのは牛乳?豆乳?一番効果があるのは

new (23)
豆乳にはヘルシーなイメージがあり、健康や美容に気を遣う女性達に人気があるためか、最近、コーヒーショップやドリンクバーなどでも、牛乳の代わりに豆乳を使用したカフェラテやバナナジュースなどの商品をみかけるようになりました。

置き換えダイエットのドリンクタイプなどでも、

牛乳でわるのがいいか?

それとも豆乳がいいのか?

栄養価やダイエット効果が期待できるのはどちらなのか?気になるところですよね。

そこで、両者を色々な角度から比較してみました!

これからドリンクタイプで置き換えダイエットを始めてみようという方は参考にしてみてはいかがでしょうか?

では早速いってみましょう。

スポンサーリンク

あなたは牛乳派?豆乳派?

new (2)
まず、両方とも栄養バランスが良い食品ですが、カロリーはどちらが多いのでしょうか?

100gあたり牛乳と豆乳を比較してみたところ、牛乳の方が10kcal多いだけでした。

次にダイエットという観点から比較してみると、代謝に効果的なビタミンB群は豆乳の方がやや多く含まれていて牛乳より豆乳の方がやや効果的という事がわかりました。

では次に牛乳と豆乳の、メリットデメリットをご紹介します!

牛乳で割るメリット

new (4) (1)

  • 味にクセがないので飲みやすい
  • 牛乳には豆乳の約3倍のカルシウムが含まれている
  • むくみ防止成分のカリウムが豊富

この3つが牛乳で割るときの大きなメリットです!

牛乳をコップ1杯分摂取すると、1日に必要なカルシウム量の3分の1摂取できます^^

また、牛乳に含まれるカリウムにはむくみを防ぐ効果が期待できるのでデトックスやダイエットには強い味方となってくれます!

牛乳で割るデメリット

ダウンロード (7)

  • 下痢を引き起こす原因となる乳糖が含まれている

大きなデメリットは↑ぐらいでしょう。

成人の多くは、牛乳に含まれる乳糖を上手く分解できなくなります

そして、さらに胃腸が弱い方は余計にお腹を下す原因ともなるので、注意が必要です!

豆乳で割るメリット

new (24)

  • 牛乳と同様、むくみ解消に効果的なカリウムが豊富
  • 消化吸収が良い
  • 牛乳の10倍近い鉄分が含まれてる
  • イソフラボン効果があるかも?※

以上4つが豆乳で割ったときのメリットと言えます^^

特に、貧血気味の方は牛乳よりも鉄分が豊富な豆乳で割ることをオススメします!

メモ♪

また、※イソフラボン についてですが実はこの大豆に含まれているイソフラボンには「効果が表れる人」と「現れない人」がはっきりと分かれるそうです。

ただ、「体にいいことは間違いないんだから別に気にしない!」という方の方が筆者を含めてほとんどだと思うので、「こういった情報もあるんだなぁ」と思っていただければ幸いです。

豆乳で割るデメリット

new (25)

  • 味に独特のクセや苦み成分があるので苦手な人は苦手;

豆乳が好き!という方もいれば苦手!という方ももちろんいます。

これも好みがはっきり分かれるところですが、豆乳には独特の風味があるので、嫌いな方も多いようです。

ただ、この機会に「挑戦してみようかな?」と思ってる方は一度、成分調整済みの比較的飲みやすいものから試してみるのはいかがでしょうか?

最後に

いかがだったでしょうか?

「どっちにしようかな?」と迷ったら、まずは両者の味を比較してみましょう^^

味があわなければ、ダイエットは長続きしませんよね。

口に合うものが見つかったら、成分もよく検討して、自分に最も合った方法で続けてみてください。

ちなみに筆者は「豆乳派」です^^

豆乳の大半は牛乳より安いし、植物性タンパク質を気軽に撮る事が出来るので個人的にはオススメしておきます!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top