みんなの置き換えダイエット

みんなの置き換えダイエット

ダイエット効果がスゴイ!カカオ(チョコレート)置き換えダイエット

5061f4577eeb25019c35bcd1e7d62989 (1)

・ダイエット中でも甘いものをガッツリたべたい!

もし、チョコレートを食べながらダイエットできたら、こんなうれしい話はありませんよね?

「そんな都合のいい話なんてないよー」

なんて思うかもしれませんが、実はチョコレートの原材料カカオはスーパーフードと呼ばれる健康食材なんです。

ダイエット中だけどチョコが食べたい!

という夢も、今回ご紹介する”ポイント”を抑えれば、あっさり叶ってしまうのです^^

それでは早速、カカオとダイエット効果&チョコを食べる時のポイントを紹介します!

スポンサーリンク

効果その1、『ポリフェノール』

カカオに含まれているポリフェノールには、全身の血流を促進させて代謝を促進する効果があります。

代謝を良くすると、太りづらい身体になったり、特別な運動をしなくても自然に身体がエネルギーをどんどん消費するようになったり良いことづくしです。

筋肉量が少ない女性や40歳を超えた方には必見のポイントですね。

効果その2、『脂肪の蓄積を防ぐ』

カカオには老化を促進するストレスホルモンを押さえる効果があります。

このストレスホルモンは「脂肪を蓄えろ」という指令を出すやっかいな存在なんです。

仕事やダイエット、人間関係等ストレスが耐えない現代社会ではストレスを受けないようにするのは難しいですよね。

カカオの力を使ってストレスホルモンの分泌を抑えましょう!

効果その3、『食物繊維』

意外な印象も受けますが、カカオには食物繊維が多く含まれているんです。

便秘はダイエットの大敵!

腸内フローラを整えて、健康的にぽっこりおなかとさよならしましょう。

食べる時のポイント!

ダイエット効果を高めるために、今からご紹介する3つのポイントを意識しましょう^^

1、カカオ70%以上のチョコレートを食べる

2、チョコレートは一日50gまで

3、チョコレートは補助食品。チョコレートだけのダイエットはNG

では、1つずつポイントを紹介していきます^^

カカオ70%以上のチョコレートを食べる

一般的なお菓子のチョコレートには、カカオの他に「脂肪」や「砂糖」が多く含まれています。

カカオは身体にとてもいい成分ですが、普通のチョコレートをぱくぱく食べていてはカカオの良いところよりも、脂肪や砂糖の悪影響の方が多く出てしまいます。

ダイエットにチョコレートを用いる場合には、カカオ70%以上のチョコレートを選びましょう。

チョコレートは一日50gまで

身体に良くて、ダイエット効果もあるチョコレートですが、食べ過ぎはNG!

特に、ポリフェノールは身体の中に3時間程度しかとどまることができないので、少量をこまめに食べるのが◎。

チョコレート50gは板チョコだと半分程度。

間食や小腹が減ったときに、こまめに食べるのがオススメです♪

チョコレートだけのダイエットはNG

カカオの有効成分をたくさん紹介しましたが、「カカオだけ食べていれば健康になる、痩せられる。」という物ではありません。

あくまで、ダイエットをサポートしてくれる補助食品として考えましょう^^

最後に

ダイエット中に手の出し辛いチョコレート;

でも、今回のポイントを抑えれば、チョコレートを気軽に摂る事が可能です♪

カカオには代謝の促進、脂肪の蓄積を防ぐ、便秘解消というダイエット中にはありがたい効果があるので、今後のダイエットライフに取り入れてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top