みんなの置き換えダイエット

みんなの置き換えダイエット

ブロッコリースーパースプラウトって洗うの?正しい食べ方

5489770448_fed47b4b6c (1)

みなさん、ブロッコリースーパースプラウトってどうやって食べていますか?

「ブロッコリーっていうくらいだから茹でてる」

「そのまま生で食べてる」

「色んなものに和えてる」

実は、ブロッコリースーパースプラウトの栄養価をしっかり摂取する「正しい食べ方」があるんです!

また、みなさんは「洗って」食べていますか?

洗った方がいいのかな?と疑問に感じている方の為にも、そちらも詳しくお伝えします^^

それではさっそく見てみましょう♪

スポンサーリンク

栄養価を逃がさない正しい食べ方♪

ブロッコリースーパースプラウトには、スルフォラファンというファイトケミカルが含まれています。

ここで簡単にスルフォラファンについてご紹介♪

スルフォラファンとは?

スルフォラファンとは、タンパク質やビタミンといった6大栄養素と同じくらい重要視されている「第七の栄養素」(通称:ファイトケミカル)と呼ばれていて、体の健康を維持するための大切な成分なのです^^

このスルフォラファンの主な効果は

抗酸化作用
抗がん作用
抗菌作用
二日酔い予防
肥満メタボ予防
花粉症抑制
etc

と言われており、多くの疾病予防効果が期待されています♪

話は戻りますが、実はこの「スルフォラファン」は最初からブロッコリースプラウトには入っていないのです;

どういう事かというと、前駆体と呼ばれるスルフォラファンの元と、酵素(ミロシナーゼ)がくっついて初めて、スルフォラファンになるのです!(噛む事でそれぞれが混ざってくっつく)

スルフォラファン

スルフォラファン自体は熱に強いのですが、それを形作る酵素(ミロシナーゼ)は非常に熱に弱い性質を持っています。

なので、このスルフォラファンを効率よく摂るためにも

なるべく「生」のまま食べた方がいいでしょう♪

そしてよーく噛む事でスルフォラファンの吸収率も上がります^^

メモ♪

ブロッコリースプラウトを食べた時のピリッとした味わいの元となる成分が、スルフォラファンです!

洗っていいものなのか?

では次に、ブロッコリースプラウトは洗うのか洗わないのか?についてご紹介します^^

スーパーで販売されているほとんどのブロッコリースプラウトは出荷前に一度洗っているそうです。

特にスプラウト系の栽培では新鮮な水で育っている為、そのままおいしく頂くことができますd

ただ、根本についている茶色いツブツブ(種の殻)が気になる時は、ボウルに水をはってスプラウトを浸してみましょう!

そうすると比重の軽い茶色いツブツブが水面に浮いてくるので、処理が簡単でオススメです。(私は舌触りや見た目が気になるのでそうやって処理しています)

ちなみに

最初にご紹介したとおり、ブロッコリースプラウトに含まれている酵素は熱に弱いのですが、実は小腸に存在している酵素からでも前駆体と合体してスルフォラファンに変身することができます^^

つまり、お腹の中でもスルフォラファンを作る事が出来るわけです!

なので、ブロッコリースプラウトを茹でたり煮たりしてもスルフォラファン自体は摂取可能という訳です♪

でも、直接しっかりこの栄養素を摂りたいのなら、やはり生で食べるのが一番といえます。

もちろん、茹でたりすることで食材としてのレパートリーはグンと増えるし、量もたくさん取れるので自分に合った食べ方でおいしく頂きましょうd

注意!茹でた際の茹で汁には前駆体が多く含まれているので茹で汁もしっかり使う事をオススメします!

最後に

いかがだったでしょうか?

正直、あんまり深く考えずにおいしく頂ければそれでOKと私は思います^^

ただ、スルフォラファンを一番効率よく摂るには「生」で「よく噛む」、これを意識していただければGOODですね♪

豆腐の上にちょんと乗っけてみたり、サラダに和えたり、味噌汁に入れたりと色々使えるので是非試してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top