みんなの置き換えダイエット

みんなの置き換えダイエット

夜遅く食べると太ってしまう理由を教えます!

new (3)
よく、「夜遅く食べると全て脂肪になるから食べてはいけない」などと言われていますが、本当なのでしょうか?

はい、答えはイエスです。太ります!

では、食べる時間が遅いと言うだけで、どうして太ってしまうのでしょうか?

その原因について以下にご説明していきます!

スポンサーリンク

一番太る時間帯は、22時~午前2時

new (19)
人には体内リズムを調整しているBMAL-1という物質があり、この物質は脂肪を蓄積する酸素を増加させる働きがあります

また、BMAL-1の量は時間により変動があり、最も量が多い時間帯が、夜22時~午前2時くらいまでと言われています。

つまり、この時間帯に最も脂肪が蓄積しやすい=太りやすいという事になります。

だから、ダイエットをしたいのなら、この時間帯にはできるだけ食事をとらないようにするなどの注意が必要なのです!

夜遅い時間帯には副交感神経が優位になる

body_nou
自律神経の働きには、交感神経(身体が活動しやすいようにする働き)と副交感神経(身体をリラックスさせる働き)があります。

夜遅い時間帯は、身体を休ませるために副交感神経が優位になります。

副交感神経が優位になると、代謝を抑制しようとします。

このため、夜遅い時間帯には体脂肪が貯まりやすくなってしまうのです。

最後に

以上のような理由から同じカロリーのものを摂取しても、夜遅い時間帯(夜22時~午前2時は厳禁!!)に食べてしまうと、脂肪が蓄積しやすく、太りやすいという事がお分かりいただけたかと思います。

ダイエットを行う上で摂取する時間をコントロールすることは非常に重要です。

これらの知識を頭に入れながら、ダイエットを成功させましょう!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top