みんなの置き換えダイエット

みんなの置き換えダイエット

レタスを一瞬で甘くする裏ワザ!10秒で甘くなります♪

123-woman---mouth-stuffed-with-lettuce300sq-medium_new
旬のレタス!

ダイエット中の方以外にも是非とっていただきたい野菜の一つでもあります^^

何より、この時期のレタスは本当においしいですよね♪

甘みがあって、シャキシャキしていて最高です。

でも、

同時に「苦み」もあるわけで^^;

あれが結構苦手な方多いのではないでしょうか?

私も苦手です。

そこで今回はあのレタス独特の苦みを「甘み」に変えちゃう裏ワザをご紹介します!

一発で変わるので試したい方は是非参考にしてみてください^^

それでは早速いってみましょう♪

スポンサーリンク

たった10秒で甘くする方法!

photo
はい、前置きなく早速ご紹介です♪

その名も

「50℃洗い」

やり方も超簡単!

1、ちょっと大きめのボウルに50度のお湯をザバーッと入れます。

2、程よくちぎったレタスを水切り用のボウルに入れます
(ボウルはあのアミアミしているやつ)

3、お湯が張ってあるボウルに2をぶち込みます!

4、10秒数えたら取り出してそのまま水気を切って出来上がり♪
(気になる方はキッチンペーパーで余計な水分を取ってあげてください)

以上^^

この方法でレタスをサッと湯通しすると、

なんと「甘さ」がUPするんです!

しかも、より一層「シャッキシャキ」な食感になるのでひと手間加える価値はありますよ><

お湯の温度って・・・・・・

まず、50℃洗いの原理よりも、

「どうやって50℃という湯加減を作るのか?」について簡単にご紹介します^^

これも超簡単!

沸騰したお湯に同量の水道水を入れれば50℃のお湯が作れます♪

沸騰させるお湯500cc+水道水500cc

↑このぐらいの量ならレタスも十分につける事が出来ると思います。

何で50℃洗いで甘くなるの?

new (30)
そもそも、レタス特有のあの苦みの正体は切った時に出る「白い液体」が関係しています。

レタスをジャッと切った断面を見てみると白いボンドみたいな液体がにじみ出てきますよね?

あれの成分は「ポリフェノール」の一種で、レタスの苦みはあれが原因と言われています。

で、なんでレタスを湯通ししただけで甘くなるのかというと、湯通しすることでレタスに含まれるポリフェノール(白いヤツ)を壊して甘くしているみたいなんですね^^

詳しい作用は良くわかりませんが、実際に甘くなってると思いますd
(やってみると分かりますが、シャキシャキ感もアップしてます)

ちなみにこの50℃洗いは、色んな栽培現場で使われている方法らしいですよ。

もっとおいしくレタスを食べよう!

さらにレタスをおいしく食べる一工夫をご紹介^^

知ってる方も多いかと思いますが、レタスは「手で千切る」方が断然おいしいですd

包丁でジャッと切ってしまうと切り口からどんどん酸化して、これも「苦み」となってしまいます。

切り口が見た目赤茶っぽくなるのが酸化している証拠で、あの色は正直食欲をそそりません^^;

でも、レタスを手で千切る事でその酸化はある程度防げるんですね♪

コツは

葉の繊維に沿って千切る

という事!

ただ、適当に千切るのではなく、この一工夫が甘さとシャキシャキ感をより一層引き立ててくれますd

レタスの芯を一発で取る裏ワザ!

せっかくなので、もう一つレタス関連の裏ワザをご紹介します^^

みなさんはレタスの芯はどうやって処理していますか?

ちなみに私はまな板の上にレタスを叩き落として芯を取ってます♪

意外と大胆にやらないと取れないので、気持ち思いっきりやってるのがコツです。

中途半端な大きさのやつは↓のやり方で気持ちよく芯がとれますよ。

メモ♪
冷蔵庫にレタスを入れる前に、芯を取ってから入れた方がおいしく長持ちします^^

一瞬で作れる「レタスお通し」

レタスを使った、お酒のおつまみにピッタリな「ちょいたし料理」をご紹介します!

材料:

塩コショウ 適当

ごま油 サッと

レタス 好きなだけ

作り方:

1、レタスに塩コショウを適当にかけてさっくり混ぜる。

2、最後にごま油をサッと和えて出来上がり!

数十秒で出来ちゃうお手軽レシピです。

私はここに七味を振り掛けて刺激を+アルファしているのですが、そこはお好みで^^

最後に

いかがだったでしょうか?

ダイエットで普段以上に野菜を意識している方や、旬のレタスをより一層おいしく食べたい方は是非参考にしてみてください^^

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます><

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top