みんなの置き換えダイエット

みんなの置き換えダイエット

脚やせに一番効果があるのはウォーキング?それともジョギング?

Walking-Vs-Jogging
「脚やせ」には、ジョギングやウォーキングが効果的だと、良く言われていますよね?

雑誌やテレビでも度々、「〇〇のウォーキングで脚を細く!」や「ジョギングのフォームを変えるだけで脚やせ!」みたいな感じで、脚やせの方法だったりコツが紹介されています^^

ただ、こういった情報をどんどん読んでいく内に、

「じゃぁウォーキングとジョギングってどっちが脚やせに効果があるの?」

と疑問に感じるのではないでしょうか?

どうせ脚やせを目指すのだったら、しっかり効果のある方を選びたいですよね^^;

そこで今回は、「脚やせにはジョギングとウォーキングのどっちが効果的なのか?」ご紹介したいと思います!

私は別にプロのアスリートでもなければ、トレーナーでもありません。

なので一般人の目線で、どちらがより効果的なのかご紹介いたしますd
(実際に両者をやってみた結果も一緒にご紹介します)

スポンサーリンク

ジョギングの良いところ


まず、ジョギングが脚やせに良い理由を簡単にまとめてみたいと思います。

1、続けやすい
ジョギングの特徴に「続けやすさ」があります。ジョギングとランニングの違いを簡単に表すとしたら、それは「走るペース」です。ジョギングは走っている隣の人と会話が出来る余裕のあるスピードで走ります。対してランニングは、ジョギングの延長線上にある、ペースを上げて走るものです。

かなり余裕のある走り=ジョギング

しっかり集中する走り=ランニング

だと私は考えます。

自分のペースでゆっくり走れるというのは、気分的にも結構楽だし、続けやすいです♪

2、脂肪を燃やしやすい
ゆっくり自分のペースで走るという事は、「長い時間走ることが出来る」という事でもあります。有酸素運動を30分以上続けていると脂肪が燃焼し始めます。自分のペースで気持ちよく走っていれば、脂肪は勝手に燃え始めるので、ジョギングは脚やせだけではなく体の無駄な脂肪をどんどん落してくれるのです^^

実際に走ったときに思った事

ここからは、私個人が「ジョギング」で感じたことを書いていきます。

私はここ数年、1度も走ったことがありません。

いざ脚やせするぞ!という人って、裏を返せば「日ごろ運動をあまりしていない人」、または「運動が苦手な人」だと思うのですが、そういう方って私以外にも結構いるはず^^;

話は戻りますが、

準備運動を終えて、きっちり40分走ってみたのですが、これが想像以上にキツイ!

え!?自分のペースで走るから辛い訳ないじゃん!と思うかもしれませんが、私はここで肝心な事に気が付いたのです。

それは

「基礎体力がないと結局、長時間走るのは難しいよね……」

そう、いくら自分のペースで走るといっても、体力は消耗します。そして体力が少なければ少ないほど、疲れてしまうんです^^;

この「基礎体力」が付くまでに、ジョギングを続けていければいいのですが、結局挫折してしまう人って、この「基礎体力」が付くまでに諦めてしまうのではないでしょうか?

はい、私も結局続きませんでした><(2週間は粘ってみたけどダメでした;)

よく、考えてみてください!

「ここ数年走ったことのない人間が、毎日30分以上走ることができるのか?」

体力も落ち、筋力も落ち、強い意志もない、そんな人間が「たかがジョギング」と軽い気持ちで始めると、結局続かないんですね!

続かないってことは結果が出ないという事です;;

ジョギングの良いところに「続きやすさ」というのがありますが、それは結局、「ある程度基礎体力がある人間」に限った話です。

私みたいな、日ごろから運動をしていない人間にはちょっとハードルが高いのかもしれません。

脚やせジョギングの落とし穴

脚やせするには、

腕の振り方、足の着地の仕方、姿勢、などの走り方(フォーム)がちゃんとあります。

私も実践してみたのですが、ここである落とし穴にはまってしまったのです。

それが、

「走っている最中、そんな事気にしてらんねぇよ!」って事。

毎日何らかの運動をしていたり、体力のある人は、自分が走っているフォームを気にする余裕がありますが、体力も人並み以下な人間は「脚やせに重要なフォーム」なんて気にする余裕がないのです;

だって「走る」という事で頭が一杯なのだから!

余裕のある走りをしようとすると、「余裕のある走り」を一生懸命行います(私はね)。

疲れないように、体力を残そうと、鼻呼吸できるスピードで、ゆっくり走ろうと、一生懸命になるんです。

周りから見れば「ゆっくり走っているなぁ」と思われても本人は「ゆっくり走る為」に色々頑張ってるんですね。

ここで、専門のトレーナーがいれば話は別ですよ?

フォームが崩れたら、「もうちょっと〇〇しましょう」とか隣でアドバイスしてくれる訳ですから。

なので、結論としては

「脚やせジョギングは、素人にとってハードルが高い」

と感じました><

もちろん、「脚やせするぞ!」と強い意志や根性でそれを乗り越えられる方もいますが、私はそうじゃなかった。

ウォーキングの良いところ

ダウンロード (10)
ジョギングを断念した私が次にチャレンジしたのが「ウォーキング」!

ウォーキングの良いところをまとめると↓


はい。ジョギングと違い、ウォーキングは結構楽です。(体力に自信がない私でも楽だと思いました)。頭を「歩くこと以外に使う」余裕はあります^^

という訳で、私がどんなジョギングを行っているのかご紹介したいと思いますd

オグラ式足やせ腕組みウォーキング

ネットで「脚やせ ウォーキング」で調べてみると、「オグラ式足やせ腕組みウォーキング」が出てきます。

最初は「なんか面白そうw」と思って詳しく調べてみたのですが、普通のウォーキングとまったく違っていたんです!

興味をもった私は、実際にやり方を勉強したり、書籍を読んでみたりしました。

ある程度コツをつかんだら、後は歩くだけ。

私の感想としては、

「これだったら続けられる!!!!」

結局、これなんです。

続くか、続かないか、これが一番大切なんだと思います。

実際、ジョギングは2週間で断念してしまいましたが、ウォーキングは2カ月続いています。(現在進行形)。

オグラ式脚やせ腕組みウォーキングの情報はこちら↓

gooダイエットより:オグラ式脚やせ腕組みウォーキング

小倉義人(おぐらよしと)先生の公式ブログ:体重計はいりません

私がウォーキングで参考にした書籍がこちら↓

あなたはどっち?

ジョギングとウォーキングの両者を比べてみて、私なりに気が付いたことをまとめてみます。

ジョギングが向いている人

そこそこ体力のある人
「やるぞ!」と決めたら最後までやるひと
計画性のある人

ウォーキングが向いている人

そもそも走りたくない
理屈が大好き
気軽に始めたい

両方やってみて素人の目線ではこんな感じに↑分けられました^^;

ジョギングを始める前に、「脚やせするフォーム」をみっちり頭に叩き込んでから挑みました。

そして実際に走ってみると、

「考える余裕がなくなって、結局フォームはあってるのあってないのか分からないまま走り終えてしまう」

という結果に。

一方ウォーキングも始める前に、しっかり「オグラ式」を頭に叩き込み、歩き方の練習をして実際に挑みました。

結果は、

「疲れないし、1つずつやり方を確認しながら歩けるので、自信を持ってウォーキングができた!」

でした。

体力、精神ともダメダメな私でも、両者にある”余裕の違い”が、私にはウォーキングが続くきっかけになったのだと思います。

ちなみに、サイズははかっていませんが、2カ月ウォーキングを続けた結果、隙間の無かったももに大きな隙間が出来るようになりました><d

最後に

私は、「脚やせするならウォーキング!」に落ち着きましたが、他の方はもちろん違うと思います。

それでも、今回の記事を見て参考になる方が一人でもいれば幸いです^^

ちなみに、私はウォーキングを夜に行っていました。

理由は「人目が気になるから」です;

本来は朝行うのが、脂肪燃焼させるのに効果的らしいのですが、私は恥ずかしかったので「夜」にウォーキングをやってます。

オグラ式は最初慣れないと、難しいので家の中でフォームを覚えました。

フォームをしっかり覚えたら、いざ外へ!って感じで、私は挑戦したので「ちょっと人目が気になるなぁ」という方はこんなやり方で挑戦してみてはいかがでしょうか?

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top