MICRODIET

一番お得に購入出来る
キャンペーン情報





マイクロダイエット

マイクロダイエット

新着の記事

「消費カロリー>摂取カロリー」で痩せない原因はコレ!

もはや常識的なことですが、ダイエット成功の法則とはもうシンプルに日常生活において「消費カロリー>摂取カロリー」
の状態にすることです。
これさえできていれば理論上必ず痩せるのだということは誰もが納得することだと言えるでしょう。しかしながらこれらカロリーの数値はいずれも確実にコントロールできるものではありません。

例えば人の1日の消費カロリー(消費エネルギー)の内訳は主に「基礎代謝」・・・全体の約6~7割を占め、寝ていても消費される生命維持のための消費エネルギーのこと。
「生活活動代謝」・・・全体の約2~3割を占め、その名の通り食事をしたり歩いたりといった『活動』による消費エネルギーのこと。
「食事誘発性熱産生」・・・全体の約1割にあたり、食事中に熱が生み出される際の消費エネルギーのこと。

とされますが、このうち基礎代謝に関しましては筋肉量や生活習慣などの違いで人それぞれに随分と違ってくるものですし、数値として正確に把握することはほぼ不可能です。また、その人の疲労状態や健康状態など何らかの原因によって自然と基礎代謝が下がってしまっていることがあるのです。

実は「消費カロリー>摂取カロリー」の状態にしているはずなのになぜか痩せない‥と頭を抱えているダイエッターの痩せない原因というのはこの知らず知らずのうちに基礎代謝量が下がってしまっていることが原因なのです。
基礎代謝量というのは上記にもあります通り、人の1日の消費カロリーの約6~7割にもあたるものですから、これが大きく下がってしまうことで人の1日の消費カロリー量は激減してしまいます。

ちなみにあとの2つ、生活活動代謝と食事誘発性熱産生におきましては比較的その消費カロリー量を把握しやすいものになりますし、後者は比重も大して占めませんからそれほど重要視する必要のあるものではありません。
生活活動代謝量に関しては歩いたり走ったりといった運動によって変わってくるものですが、例えば体重50kgの人が1時間歩いた時の消費カロリーは大体260kcal位で、1時間ジョギングしたときの消費カロリーは大体370kcal位とされています。

このように運動というのは、その人の体重と運動内容・運動時間次第で大体の消費カロリーが分かっているものですから、1日の生活活動代謝は数値として比較的把握しやすいものになります。
しかしながら、基礎代謝量に関しましてはそうではなく、人によってなかなか把握しにくいものなのです。知らず知らずのうちに毎日の基礎代謝量が下がってしまっており、その事によって「消費カロリー>摂取カロリー」ではなく「消費カロリー<摂取カロリー」の状態になってしまっていることがよくあるのです。

ダイエットを「消費カロリー>摂取カロリー」という公式に乗っ取って実践しているはずなのになぜか痩せないという人は、実際はその公式を日々の生活習慣で達成できていないことが考えられるのです。
下記にそうした基礎代謝が知らず知らずのうちに下がってしまっている原因である体内の防衛本能「ホメオスタシス」が働いてしまっている代表的なケースをご紹介致します。

2、基礎代謝が自然と下がってしまっていると考えられる4つのケース

<毎食の消化作業が追い付いていないケース>
毎回の食事間隔が短い人であったり、内臓疲労状態にある人は、毎食の消化作業が追い付いていないことがあります。
前の食事が消化しきれていない状態で次の食事が入ってくると、体内の消化作業が常に働いている状態となってしまって安全ゾーンを超えてしまい、ホメオスタシスが働くことで基礎代謝が下がってしまいます。

<食事間隔が空き過ぎているケース>
食事間隔が空き過ぎているケースも代謝が下がってしまう原因となり得ます。ありがちなのが昼食と夕食の間隔が空き過ぎているケースです。
一般に食事間隔が空き過ぎることは、次の食事で急激な血糖値の上昇を引き起こしてしまうので良くないとされていますが、それだけでなくエネルギーの蓄積量も安全ゾーンを超えて下がってしまうことで、ホメオスタシスが働くきっかけになってしまい、結果的に基礎代謝が下がってしまうことがあるのです。

<糖質制限ダイエットのケース>
糖質(炭水化物)制限ダイエットに取り組まれている方は近年多く見られますね。多くの人の太ってしまった原因はご飯やパンといった糖質(炭水化物)の摂り過ぎだとされていますので、糖質制限ダイエットというのはその原因に直にアプローチするとても効果的なダイエット方法だと言えるでしょう。

しかしながら、糖質は脳にとっては唯一のエネルギー源であり、人がその日1日満足に活動するのに一定量は絶対必要な必須栄養素でもあります。その摂取量が極端に制限されてしまうことでもやはりホメオスタシスが働いてしまい、身体は消費エネルギーを減らさないと命に関わることを察知して基礎代謝を下げてしまうのです。

<過度な運動をしているケース>
ダイエットのために日々消費カロリーを稼ごうと運動を頑張っていらっしゃる方は多いかと思います。最も手軽にできる運動で定番なのはウォーキングですね。
人が毎日普通にやっていることの延長に過ぎないものですので、年齢をとわず多くの人が実践なさっているかと思います。ウォーキングの目標としてよく言われるのは「1日1万歩」ですが、1日頑張って1万歩頑張って歩いているのになぜか体重が落ちないと嘆いている人は結構多いようです。
実はこの場合もホメオスタシスが働いてしまっていることが考えられるのです。目標が高すぎるために疲労回復が追い付いておらず、慢性疲労状態になってしまっていることで防衛本能が働いてしまい、基礎代謝が下がってしまっているのです。
ウォーキングに限らず、運動の目標というのはご自身の年齢や体と相談して自分に合った適度な量を見つけて実践していくのが望ましいでしょう。